シングル?セミダブル?体が疲れないソファーベッドのサイズとは

体が痛くならないソファーベッドのサイズ

ソファーベッドのサイズには、シングル、セミダブルにダブルと様々なタイプがありますが、一人用だからシングルサイズ、と安易に決めていませんか?

実は、「ソファーベッドのサイズ」と「寝心地」には深い関係があります。

この記事では、「なぜ自分に合ったサイズでないと寝心地が悪いのか」の理由を解説し、「身長別におすすめのソファーベッドのサイズの選び方」をご紹介します。

どのサイズを選べばいいのか迷っている方は、是非参考にしてみて下さい。

ベッドの幅が睡眠の質を左右するという研究結果

ベッドの幅が睡眠の質を左右する
ベッドの幅が睡眠の質を左右する

ベッドの幅が眠りの深さにどんな影響を及ぼすかを比較した研究(堀 忠雄著『快適睡眠のすすめ』より)があります。

4つの幅(40cm、50cm、60cm、90cm)のベッドを用意し、被験者の睡眠の深さを調べたところ、ベッドの幅が広がるにつれて深い眠りの時間が長くなることがわかりました。

特に90cmからは浅い眠りの時間が劇的に短くなり、ベッドの幅が睡眠の質に大きく影響していることがわかります。

この実験結果から言えるのは、質の良い睡眠を確保するには、ソファーベッドをベッドにした時のベッド幅が90cm以上あることが好ましい、ということです。

ただし、より良い寝心地を追求するなら、体格によっては90cmでは物足りない場合があることに注意が必要です。

では、理想はどのくらいのベッド幅があると良いのでしょうか?

理想は「寝返りが楽にうてる」サイズ

寝心地が楽にうてるベッド幅
寝返りが楽にうてるベッド幅

人間は一晩で寝返りを20~30回ほどしていると言われます。

寝返りが少ないと、体の同じ部分が圧迫されて血行が悪くなります。血流が悪くなると、疲れが蓄積しやすく、体が痛くなります。

特に腰は体重がかかりやすいので、寝返りが少ないと、腰痛になりやすいのです。

デスクワークの方はわかると思うのですが、長時間同じ姿勢でいると、体の血行が悪くなって肩がこったり、腰が痛くなったりしますよね。それと同じです。

男性と女性で違う、必要なベッド幅

男女で違う必要なベッド幅
男女で違う必要なベッド幅

日本人の成人男性の平均的な肩幅は約45cmで、成人女性の肩幅の平均は約40cmとされています。

寝ているときに多少腕を広げることを考慮しても、寝るだけなら60cmの幅があれば事足りることがわかります。

ただし、寝返りをうつには、肩幅の左右にそれぞれプラス20cm程度は必要です。

平均的な体格の男性だと85cm、女性だと80cm程度のベッド幅が必要ということになります。これは90cm以上の幅が望ましい、という先ほどの実験結果を裏付けていますね。

体格には個人差があるので、人それぞれ必要なサイズは異なります。

この記事を書くにあたり、スタッフ2人(どちらも男性)の肩幅を計測したところ、やせ型のスタッフの肩幅は42cm、大柄なスタッフの肩幅は49cmでした。同じ男性でも体格にかなり差があることがわかります。

体の左右にプラス20cmというのは、寝返りをうつのに必要な最低限のサイズです。

より深い睡眠のためには「楽に」寝返りがうてることが大事です。では、安心して熟睡するためにはどのくらいのサイズが必要でしょうか?

肩幅の左右にプラス30cmが理想のベッド幅

理想のベッド幅
肩幅の左右にプラス30cmが理想のベッド幅

楽に寝返りがうてることを考えると、肩幅の左右にそれぞれプラス30cm程度あると理想的です。

体の左右に20cmの余裕があれば寝返りをうつことができますので、30cmあれば寝返りをうってもさらに10cm余裕があります。この10cmの余裕が心理的な安心感を生みます。

平均的な体格の男性でいうと105cm、女性でいうと100cm程度のベッド幅が余裕をもって寝返りをうてる、理想的なサイズになります。

寝返りをうつのにギリギリのサイズだと、無意識に寝返りに不安を感じながら眠ることになります。結果、睡眠中の寝返りの回数が減ってしまい、体の血行を悪くさせることに繋がります。

体格によってはシングルサイズだと窮屈な場合も

シングルベッドは横幅97cm程度が平均的なサイズのため、大柄な男性の場合はシングルサイズだと少し窮屈に感じることがあるかもしれません。

参考:平均的なベッドのサイズ
サイズ 横幅×長さ
シングル 97×195cm
セミダブル 120×195cm
ダブル 140×195cm
クイーン 160×195cm
キング 180×195cm

購入の際に気をつけていただきたいのは、ソファーベッドはソファーにもならなくてはいけないという特性上、ベッドにしたときのサイズが、商品によってまちまちだということです。

同じシングル表記でも、幅は90~105cm程度と幅がありますので、男性の方はシングルを選ぶ場合は幅が広めのものを探してください。

幅だけでなくベッド時の長さにも注意

通常のベッドだと長さが195cm程度あるので、身長180cm程度の方でも、足がベッドからはみ出してしまう、ということは起こりません。

しかし、ソファーベッドの場合はベッドにした時の長さが180cm程度のものもよくあるので、背の高い方だと足を伸ばして寝ることができず、サイズを間違うと毎日体を丸めて寝るはめになりかねません。

残念ながら、ソファーベッドはベッドほど需要が大きくないため、セミダブルサイズのソファーベッドを製造しているメーカーが少なく、市場に出ているソファーベッドのほとんどがシングルサイズになります。

セミダブルやダブルの選択肢が少ないため、仕方なくサイズの合わないシングルサイズを購入している方も多いと思います。

これでは質の良い睡眠をとることはできませんし、寝心地が悪くなるのも当然です。

身長別、おすすめのソファーベッドサイズ

『快適睡眠のすすめ』の堀忠雄氏(広島大学名誉教授)によると、ベッドの幅は90cmを下限として、身長に合わせて選ぶのが良いとされています。

次からは、身体の大きさに合わせて具体的にどのサイズを選べば良いのかをご紹介します。

シングルサイズ(ベッド幅90~105cm程度)のソファーベッド

シングルソファーベッド
シングルソファーベッド

シングルサイズは、女性や身長175cmくらいまでの男性におすすめのサイズです。

これまで見てきたように、90cm以上の幅があれば寝返りをうつことはできるので、毎日寝る場合でも問題ありません。

ただし、より睡眠の質にこだわるなら体の左右に30cm程度の余裕が欲しいところ。

先ほどのやせ型の男性スタッフの場合は肩幅が42cmのため、102cmの幅があればゆったりと眠れることができます。

これなら、100cmのベッド幅のシングルソファーベッドであれば良質な睡眠をとれると判断できます。

同じ「シングル」サイズでも、ベッドにした時のサイズはまちまちです。購入時には、実際のサイズを必ず確認するようにしてください。

セミダブルサイズ(ベッド幅120cm前後)のソファーベッド

セミダブルソファーベッド
セミダブルソファーベッド

セミダブルサイズは、睡眠の質にこだわる女性や身長175cm以上の男性におすすめのサイズです。

先ほどの大柄なスタッフ(身長180cm)は肩幅が49cmのため、体の左右にプラス30cmすることを考えると、109cm程度のベッド幅が必要になります。

180cm以上の大柄な男性だと、シングルサイズだと少し窮屈です。

セミダブルサイズなら幅120cm程度ありますので、ゆったりと寝れて、安心して寝返りをうつことができます。

たまになら二人でも寝れるサイズ

ダブルとついているため二人でも寝れそうなイメージがありますが、セミダブルサイズは二人で寝るには少し窮屈です。

60cmの幅があれば大人一人が仰向けで寝るスペースはありますので、たまに恋人が遊びにきたときなどに二人で寝る分には問題ありません。ただし、毎日二人で寝るのは疲れの蓄積を考えるとあまりおすすめできません。

大人二人で毎日寝ることをお考えの場合は、ダブルサイズ以上のソファーベッドを検討するようにしましょう。

シングルとセミダブルで迷ったらセミダブルを

ベッドの幅は広ければ広いほど浅い睡眠の時間が減り、深い睡眠の時間が増えます。

つまり、それだけ熟睡できて疲れがとれるということです。

女性や平均的な体格の男性でも、部屋にセミダブルを置くスペースがある場合は、寝心地を考えるとセミダブルを選ぶことをおすすめします。

ダブル(ベッド幅140cm前後)のソファーベッド

ダブルソファーベッド
ダブルソファーベッド

ダブルサイズは、より良い寝心地を求める方やカップル、ご夫婦におすすめのサイズです。

ベッドの幅は広ければ広いほど寝心地はよくなりますので、ご予算や部屋のスペースに余裕のある方はダブルサイズもご検討ください。

カップルやご夫婦など、二人以上で寝る機会が多い場合は、ダブルサイズであれば安心です。

ただし、セミダブルと同じくダブルサイズも市場に出ているソファーベッドの数が少ないのが悩ましい所です。

「ソファーベッドは寝心地が悪い」原因はサイズ選びの間違い

体が痛くならないソファーベッド

ここまで述べてきたように、ソファーベッドのサイズ選びを間違うと睡眠の質が悪くなることがおわかりいただけたと思います。

ソファーベッドで寝ていて腰が痛くなったり身体の疲れが取れない場合は、「幅が合っていなくて寝返りが打ちづらい」「長さが足りなくて足を伸ばして眠れない」可能性があります。

ソファーでも身体を丸めてごろ寝をすることはできますが、毎日良質な睡眠をとるのは不可能です。「足を伸ばして寝れる」「寝返りが打てる」のがソファーと比べたソファーベッドの利点です。

「ソファーベッドは寝心地が悪い」という誤解が生まれる理由は、サイズ選びの間違いにあります。

世の中にセミダブル以上のソファーベッドが少ないことも原因の一つです。

自分の体格に合った、「寝返りのうちやすい」サイズのソファーベッドを選べば、ソファーベッドの寝心地は格段に良くなります

ソファーベッド専門店であるHalenowa(ハレノワ)では、貴重なセミダブルサイズのソファーベッドダブルサイズのソファーベッドをたくさん取り揃えております。

サイズが原因で寝心地の悪さに悩まされることはないはずです。ご安心ください。

しかし、ソファーベッドの寝心地にはサイズ選びのほかに、寝心地を左右する重要なポイントがもう一つあります。それが「ソファーベッドの座面構造」です。

次の記事では、寝心地の良さを決めるウレタンの選び方と、ベッドに近い寝心地を実現する座面構造の見極め方について、解説します。